1年と11ヶ月後の自分に向けて

今日は気持ち悪いくらい真面目っぽい話。

熱さ的にもクルナぐらい◎



20日

3日間バングラデシュのいろいろな授業を見たが、ホントに独特だ。


板書は中央に書いては消し、書いては消しを繰り返している。
日本のような一枚の黒板に授業の流れを収めるといったことはしない。

子どもに聞く時も、なぜ?とか、どうして?と言うけど、考える時間はほとんど与えない。

子ども主体にしてるようで、大事なとこはすべて先生が説明しちゃってる。

個の児童の支援も、そもそも机間指導がほとんどない。あったとしても、正解してるかどうかということを見てて、児童の考えには注目してない。



などなど…



計画性はあるんだろうけど、授業に系統性や論理的な考えが見て取れない。
児童も絵を描いたり、他のことをしたりしている。



もちろん教材等の不足や、児童の多さから仕方ない部分もあるけど、
日本でこんな授業をやってたら、間違いなく校長室に呼ばれる(平尾小)…恐怖!!






ただ、そういう子どもたちを見て、なんか「子どもらしいな~」と思う部分もあった。

d0182220_149947.jpg




実際日本のような教師が練り上げた授業プランにそって、児童が動いていく授業はある意味異様だ。

「算数」の授業として、文科省が言ってる「生きる力」をつけるためとしてはベストだと思うけど、もっと広い意味ではどうなのだろう・・・?




この国の人は、日本人のようにあくせく働いていない。立ち話も多いし、のんびりしている。もしこの人たちが日本人のように仕事をしていけばバングラデシュはもっと急激に発展すると思う。

ただ発展の代償をベンガル人がどこまで受け止められるのだろう。

d0182220_159829.jpg




もちろん歴史的にも自然の摂理からいっても相対的に地位が低ければ淘汰される。

それで世界中みんながんばって発展してるんだけど、なんかバカボンド(漫画)の殺し合いの螺旋的な発展の螺旋ををみんなで頑張って走ってる感じ。




特に先進国では「これ以上何が必要なんだろう」と思う。




十分って思えたらみんな幸せになれると思うんだけどな~





昔の日本人は防人の選抜で家が貧しくなるのが分かってるのに、試験となると頑張っちゃっていたらしい。儚い…

日本人は特に頑張り屋さんだなと思う。




クルナの校長が「オーストラリアは良くなかった」と言ってた。
話せば話すほど価値観の違いを感じた。家探しでも、宗教上のことや、家族じゃないとダメっていう理不尽な理由で断られた。その他にもさまざまな文化の違いを日々痛感する。






日本の教育システムを使って、授業研究し、授業の質を上げたとしても、そこにしっかりとベンガル人とバングラデシュが乗っかって無いとただの日本人の自己満足になってしまう気がする。





もちろんバングラデシュのことをまだほとんど知らないから実状はわかんない。





ただその部分をこれから忘れないように、活動していきたい☆





…っという話が、1年と11カ月後どう変わってるんだろう?


未来の自分に向けて、とりあえず思っていることを記録することにしました◎
[PR]
# by kagosima1023 | 2010-08-10 22:14 | 考えごと

おやおや…

18日
今日は実験校の授業を視察。

外国人が珍しいのか、ちょっと愛想を振りまくと、児童の群れに襲われる。
ホントに半端じゃない!!



「How are you?」「I am fine thank you!」
「How are you?」「I am fine thank you!」
「How are you?」「I am fine thank you!」
「How are you?」「…」






「Fineって言ってるじゃん!!」


休み時間に行くもんじゃないです。
ちなみに授業中はしっかり児童と距離を作りました◎






1クラス目、2年生☆
算数の授業だからか分からないが、先生は常に物差しを右手に持ち歩いている。

厳しそうな先生だったが、学級崩壊直前くらい児童は話を聞いてない。

もちろん授業も恐ろしくつまらない。





ちなみにこの先生、社会の時間も物差しを持ってた。



2クラス目 5年生☆
このクラスは先生が美人!愛想もいいし、すごく優しそう◎

d0182220_2595878.jpg


児童も聞く態度がいいわけではないが、わりと集中している。

ちなみに聞いてた通り、教室は広くない。というか机が狭い。

ノートを横にして、器用に横文字を縦書きする児童にすごく違和感を感じた。

d0182220_2585176.jpg


あと教室には二つ黒板があって、中には白い壁を黒く塗って黒板にしてる。


と… 自分が後ろの黒板に注目していると






「バシッ!」

っと音が聞こえた。



振り返ると、さっきまでやんちゃだった子のテンションががた落ちしている…


その横には美人な先生の後姿が…


その後授業は何事もなかったかのように終わった。






何があったのだろう… 

本当にあった恐い話だ。





そういえば校長は校長室で株してた。

Pcにはリアルタイムで株価の動きが見て取れる。

ちなみに朝5000Tk儲かったらしい。





ある意味こっちの方が恐い話なのかもしれない。
[PR]
# by kagosima1023 | 2010-07-23 21:17 | 活動

本格始動!!

今日は校長が来てるというの心引き締めて出勤!!

職場に行くと先生に呼ばれて、早速校長室へ…

金持ちそうで小奇麗なおじさんといった感じ。

なにやら難しい話をされ、戸惑っていると、時間が無いとばかりにどこかへ…







5分でシェシ(終わり)…  っておいっ校長!!





その後スタッフルームでインストラクターとぺちゃくちゃおしゃべり。

その流れで算数専門のインストラクターに先生向けの講義を見ることに。



当然のようにさっぱりわからない。

その後インストラクターから 





「ケモン?(どう?)」


今までで一番困ったケモン!!









「バロラゲ…(いいと思う)」   


苦しい… バングラで一番の苦笑いをしました。



結局後で話してみると、生活のものを使って算数の問題を作るっていう内容だったみたいです。

昼は2時間の休憩。暇すぎる!!
ここで不覚にも超ローカルな店で食事をとる… もういいや

d0182220_337304.jpg



午後も先生たちとぺちゃくちゃぺちゃくちゃ






そろそろ5時だし終わりかなと思いきや、校長にまた呼ばれる。


「なんだよ」と思いつつ行ってみると、中年の知らないおっさんが…






「お前誰だよ!!!!」






でもよくよく話したらこの人が校長でした  笑


てことは…






「朝いた、あいつ誰だよ!!!!!!!!!」




ちなみにこの後ミーティングがあって7時に帰りました。

つかれた~
[PR]
# by kagosima1023 | 2010-07-23 21:15 | 活動

自己紹介

自己紹介

青年協力隊でバングラデシュに派遣されました。

職種は小学校教諭。PTI(初等教育訓練機関)ていうとこで、先生たちの講師の立場らしいです。

こんな青二才の新米が、年上の先生方に話をするなんて…

先生方と学び合いながら、謙虚に活動して行こうと思います!!

d0182220_3224816.jpg
d0182220_3233198.jpg








趣味はスポーツ(最近は見る方)と、読書(小説はやや苦手)

好きな芸人は、板尾創路、大久保さん、江頭2時50分

ビールとレバ刺し、白子の天ぷらが大好物。
[PR]
# by kagosima1023 | 2010-07-11 21:33


Stay hungry!         Stay foolish!


by kagosima1023

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

活動
写真・特集
考えごと
その日の出来事

最新の記事

Goodbye!
at 2012-06-06 23:17
空飛ぶイリッシュ
at 2012-06-03 02:13
一歩
at 2012-05-31 22:23
ちょっと変わったバングラデシュ
at 2012-05-04 02:47
この国はどこからパンチが飛ん..
at 2012-04-24 00:07

同期メンバーのブログ

ブログパーツ

以前の記事

2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧